耐塩害・高耐久性 コンクリート用混和材
クロロガード®について

クロロガード®とは

構造物の長寿命化、高耐久化に貢献!!

クロロガード®は、セメント等の結合材に対して、所定の量(標準使用量:40kg/m3)を置換して使用することにより、高い塩化物イオン浸透抵抗性をはじめとした、高耐久性コンクリートを得ることのできる混和材です。 クロロガード®を使用することにより、塩化物イオン浸透抵抗性のほか、圧縮強度、乾燥収縮特性、凍結融解に対する抵抗性に優れたコンクリートを製造することができ、構造物の長寿命化、高耐久化、ライフサイクルコスト低減などを図ることができます。

工業会カタログ 宇部興産建材カタログ

クロロガード®の特徴

クロロガード

クロロガード®を使用した高耐久性コンクリートは下記のような効果が期待できます。

      
  • 塩化物イオン浸透抵抗性向上
  • 圧縮強度向上
  • 乾燥収縮低減
  • 凍結融解抵抗性向上

製造方法

40kg/m3使用(標準量) 練混ぜ、打込み: 通常通り


クロロガード®の用途

高い塩化物イオン浸透抵抗性を求められる構造物に適しています。

      
  • 臨海で使用する構造物
  • 凍結防止剤の散布される構造物

用途例

埋設型枠、擁壁、水路、ボックスカルバート、その他

クロロガード

クロロガード®を使用したコンクリートの標準的な配合

全容積 クロロガード® その他のコンクリート素材
1,000 ℓ 40kg(容積17 ℓ)
(20kg/袋×2袋)
983 ℓ
      
  • クロロガード®は、セメントもしくは結合材に置換して使用することを標準とします。
  • クロロガード®の標準的な使用量は、コンクリート1m3あたり40kg(20kg/袋×2)とします。
  • 所要の塩化物イオン浸透抵抗性に応じて20kg/m3とすることも可能です。

荷姿

クロロガード®:20kg紙袋


クロロガード®を使用したコンクリートの製造

      
  • コンクリートの練混ぜは、通常と同様に行ってください。 クロロガード®は、セメントと同様にミキサに投入してください。
  • コンクリートの打込みは、通常のコンクリートと同様に行ってください。
  • 養生は通常のコンクリートと同様に行ってください。
  • その他については、現場責任者の判断に従って行ってください。

※ 品質管理に関しては、現場の品質管理計画に基づき、必要に応じて試験項目を選定し、実施してください。


クロロガード®を使用したコンクリートの性能

     

クロロガード®を使用した耐塩害コンクリートの標準的な配合の例(W/B=40%)

記号 配合名 W/B
(%)
単位量(kg/m3
単位水量
(W)
結合材(B) 細骨材 粗骨材
セメント クロロガード®
N BB
耐塩(1) 耐塩害コンクリート(N) 40 168 380 - 40 753 1050
耐塩(2) 耐塩害コンクリート(BB) 40 168 - 380 40 744 1050
比較(1) Nコンクリート 40 168 420 - - 764 1050
比較(2) BBコンクリート 40 168 - 420 - 751 1050
  • 耐塩(1)および比較(1)はN(普通ポルトランドセメント)をベースとした配合。
  • 耐塩(2)および比較(2)はBB(高炉セメントB種)をベースとした配合。
  • 目標スランプは9±2.5cm、目標空気量は2.0%以下とし、高性能減水剤および空気量調整剤の添加量で調整。
  • 蒸気養生(60℃×3時間)

塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠

塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠

圧縮強度 JIS A 1108準拠

塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠

乾燥収縮ひずみ JIS A 1129-2準拠
(材齢1日基長)

塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠

凍結融解試験結果 JIS A 1148準拠
(材齢14日試験開始)

塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠
     

EPMA分析による塩化物イオン濃度分布例

N

N 10%NaCl溶液浸漬958日

N-クロロガード®40kg

N-クロロガード40kg 10%NaCl溶液浸漬1036日

※1)N(普通ポルトランドセメント)をベースとした配合

※2)10%NaCl溶液浸漬(2.5年)